庭を彩ってくれる玉砂利の選び方【防犯対策にも最適】

防犯に優れた音の鳴る石

砂利

効果疑問点や理由

一昔前までは、お盆やお正月など長期にわたって家を留守にする期間が、空き巣に狙われていました。しかし、現在では空き巣の犯行手口が多様化し、わずかな時間で犯行に及ぶため、日常的に空き巣が行われています。空き巣などの被害を防ぐには様々な防犯対策が必要になりますが、そのなかの一つでもある防犯砂利は、本当に効果があるかどうか疑問に思う方もいることでしょう。その答えは効果的で、理由としては歩くことでジャリジャリという大きな音が鳴るためです。空き巣を企てる犯人にとっては何よりも慎重で、周囲の目や音などに敏感なので、些細なことでも嫌います。そのため、防犯砂利を敷いた上を歩くと76.5デジベル、性能の優れたものでは約80デジベルの音が鳴る仕組みです。この80デジベルという音量は、走行中の電車の車内や近くで聞く救急車のサイレン、パチンコ店内、怒鳴り声、目覚まし時計などがあげられますので、その大きさは誰もがわかるはずです。また、防犯砂利は単独で利用するだけでなく、他の防犯アイテムと併用することで高い効果を発揮します。空き巣は、侵入するのに5分かかるだけで7割の確率で犯行を諦め、10分かかってしまうと約9割で諦めます。そのことから、音の出る防犯砂利と、光で驚かせるセンサーライト、証拠となる防犯カメラ、窓を開けた瞬間に響き渡る防犯ブザー、高性能の錠などで時間を稼ぐと、被害に遭いにくくなるのです。このような理由によって防犯砂利は効果的なため、防犯対策を行うのであれば、庭の景観も考慮して利用することをおすすめします。